任意売却とは

白と赤のマンション

住宅ローンの返済ができなくなった場合は、任意売却がお勧めです。この任意売却というのは、一般の不動産価格とほぼ同じ金額で、家を買い取ってもらうシステムです。では、なぜこの方法がお勧めなのでしょうか。 住宅ローンを滞納して数か月たつと、家は自動的に競売にかけられるようになります。しかし競売は強制的なものであり、家を売る側の言い分はまず通らないことが多いのです。しかも、通常の不動産価格の7割ほどの金額で取引をされるため、手元にお金が残らないことの方が多く、もし残ったとしても、返済に回されるため、引っ越しのための費用もなくなってしまいます。このような事態を避けるためには、弁護士や司法書士、あるいは専門業者に任意売却を依頼するのがいいでしょう。

弁護士や司法書士は、任意売却を専門としている人、この手の事情に詳しい人を選ぶようにしましょう。また、法テラスで無料相談をし、任意売却に精通している人を紹介してもらうという方法もあります。また、延滞を繰り返していると競売の入札が始まってしまいますので、金融機関に相談し、返済方法を見直してもどうにもならないとわかった場合は、早めに相談するようにしましょう。 その一方で、多重債務などで債務整理を行う場合に、家だけを残したいという時もあります。その場合は、やはり弁護士か司法書士に相談して、個人再生を行うといいでしょう。この方法を取りますと、住宅ローンだけを残して、後の分は債務整理という方法を取ることが出来ます。ただしこれを行うには、収入などで若干の制約があります。