売却の注意点

女性らしい部屋

自己が所有するマンションを売却する場合、そのマンションの耐用年数も気になるところです。マンションの耐用年数が短いと売却に影響を及ぼすかもしれないからです。ではその耐用年数はどれくらいでしょうか。 マンションは普通鉄筋コンクリートでできています。コンクリートの寿命はどれくらいかということです。 コンクリートの耐用年数は50年以上と言われていますが、その寿命はそれ以上と言われています。これは学者によっても様々な説がありますが、一般的には100年以上は持つのではないかと言われています。50年という数字はマンションの建て替えサイクルから考えると大体50年ぐらいだからです。これは耐震性の問題などでちょうど35年より前のマンションは耐震性の問題があるからです。

マンションの耐用年数や寿命は問題ないとしても、売却する場合には事前にそのマンションのメリットも考えておかなければ売ることはうまくいかない可能性があります。 マンションを退去する理由には大きく分けてポジティブなものとネガティブなものがあります。ポジティブな理由とは、子供が大きくなって狭くなってきたのでもっと広いところに引っ越したいというものや転勤によって売却しなくてはならなくなったどいうものです。 これに対して、ネガティブな理由とは、隣人がうるさいことやトラブルが頻発している、借金をして支払いができずに差し押さえられたなどの理由によるものです。 たとえ本音はネガティブな理由でも、ポジティブな理由も含めて伝えたほうが売りやすいのです。